2016年10月11日(火)/トップのための『感謝コミ勉強会・実践編』

*こちら終了しました


竹田先生の改訂版新著(あさ出版) 
1枚のはがきで売上げを伸ばす方法出版に伴い、hagakmim.jpg
『感謝コミ勉強会』を開催します。 

 

訪問営業型ビジネスはもちろんのこと、小売業など 
店舗型・来店型ビジネスでも、お役に立つ内容です。
OB客・既存客に向けだけではない「報・連・相」とは?

 

 ↓ 「新規客」に対し、好かれて気に入られるようにするには?  
 ↓ 「固定客」に対し、忘れられない・忘れないようにするには?
 ↓ 「得意客」に対し、紹介を獲得するには?
 &「失客」に陥らないためには?

 

  トップのための『感謝コミ勉強会/実践編』 
 顧客維持対応だけに終わらない、効果性の高い[感謝コミ]活用法 


 1.本のタイトルが「はがき」となってますが、決して「はがき」ばかり
   の内容ではありません。 少し勘違いしそうですが、竹田先生も
   差別化のために「その勘違い」を狙った面があります。

 

 2.はがきを含むお客活動の「感謝ホウレンソウ」は大切だ!と思い、
   今の仕事に追加しても、肝心なことが分かってないと「バタビン
   まっしぐらに。 これには注意が必要です。 


 3.このお客活動の大半が「顧客維持戦略」で説明されており、既存客
   への働きかけとばかり考える方も多いようです。 今回の本では、
   新規客獲得として取り組むような事例も取り上げています。 


 4.時代の流れと共に、はがきなどアナログなツールだけでなく、
   当然、動画やSNSなどデジタルコンテンツも活用すべきです。
   それでも、アナログが良い? いや、やはりデジタル?
   より効果性の高い「感謝ホウレンソウ」に取り組めるよう、
   その答えを「お客作りの仕組み」から見つけていきましょう。  


 5.しかし「はがき」を含むツールは、あくまで手段であり、自社の
   「経営の目的(1位作り)」を忘れてしまうと、自社内でお客活動が
   継承されません。特に代替わりの時期に注意が必要となります。
   (これは「お客の評判で地元No.1を目ざせ」で、竹田先生が言及


 *効率性(戦術)を追うのではなく、効果性(戦略)を高めることに重点を
  置きますので、単なる「はがきの書き方」勉強会ではありません。

 

 

◆開催日    10月11日(火)  *9月の実践編「開催後記   

 

 

◆開催時間  13時半から16時まで (受付は30分前から) 

 

 

◆参加費   1人 5,000円(以下、全て税込)       

           ご参加時にお支払い願います。 

 

 

◆使用書籍  「1枚のはがきで売上げを伸ばす方法(通常 1,512円)        

    竹田先生の改訂版新著(7月、あさ出版より)。 
    お持ちの方はご持参を。当日は会場でも、1,400円にて販売します。

 

 

◆対象  経営者・役職者・起業家・後継者・リーダーなど決定権者。
       決定権者以外の方のみでのご参加や、      
       社員やスタッフ単独のご参加はご遠慮願います。  

 

 

  ★以前に開催(実践編としてではありません)の後記は、

        こちらこちらこちらこちらこちらこちらこちらこちら
        こちらこちらこちらこちらこちらこちらこちらこちら
        こちらこちらこちらこちらこちらこちらこちらこちら
        こちらこちらこちらこちらこちらこちらこちら
                 こちらこちらこちら

 

  ☆出張開催での後記は、こちら をご参照ください。

 

 

 

★お申し込みは、こちら  から

  その他、会場地図・ご来社時の注意事項もご確認下さい。