会社概要

taked21.jpg

 

・会社名:ランチェスター経営株式会社

・代表者:代表取締役 竹田陽一

 

・設立(法人化):平成7年7月/創業:昭和58年6月


・事業内容
     出版業及び経営教材プログラム他の製作販売、
     そのプログラムを使っての戦略・起業勉強会開催・運営。


・所在地:〒810-0004
      福岡県福岡市中央区渡辺通2−3−3

      オフィスニューガイヤSASA薬院 7階

 

      *通称は、「SASAビル(ササビル)」です。
        なお、ビル名を書かれなくとも郵便は届きます。

 


・連絡先:TEL:092-535-3311 (平日 9時から18時まで)

       FAX:092-725-7374 (不通に場合は、092-535-3200まで)


・緊急連絡先・伊佐宛(携帯電話):090-2518-4980

 

  →ご来社時の注意事項

会社地図

 


大きな地図で見る

 

 map5B15D[1].gif

  ★1Fのセブンイレブンは、2009年8月18日(火)23時をもって閉店しました。
    2009年12月16日(水)からは、コクミンドラッグでしたが、
   2010年10月31日(日)をもって閉店しました。  
   2011年 7月29日(金)からは、ローソンストア100がオープンしましたが、 
   こちらも、2015年4月15日(水)をもって閉店しました。   

   新たに、2015年10月4日(日)より、カフェがオープンしました。
   お店の名は、「MASTARS CAFE/マスターズカフェ」益正のプロデュース

 

 ★ビルの正式名称はオフィスニューガイアSASA薬院です。

 

 

  →ご来社時の注意事項

交通アクセス

 

渡辺通1丁目交差点から、電気ビルより西鉄薬院駅に向かって
1つ目の信号右角。薬院駅より2つ目の信号。「渡辺通西」交差点。 

 

 【写真1】薬院駅側から見る、「渡辺通西」交差点

 【写真2】渡辺通り1丁目交差点より見る、「渡辺通西」交差点。

 

 1.JR博多駅博多口から、タクシーで8分ほど(約750円)。

  西鉄バスで、博多駅前A乗り場から、行き先番号9〜214番にご乗車、
  (6・6−1番は乗らずに、300番以降は不便な行き方に、ご注意ください) 
  乗車10分ほど、4つ目のバス停「渡辺通1丁目」で下車ください
  (ホテルエルビー福岡前)。そこから西へ(西鉄電車・薬院駅方面)徒歩3分、
  佐田病院入り口「渡辺通西」交差点の信号を渡り、すぐのビル。    

   *JR博多駅は、2011年春に大改装(駅ビル「JR博多シティ」に)、 
     以前と大きく変更している点もございますので、ご注意下さい。

 

2.西鉄電車福岡地下鉄の薬院駅より徒歩3分ほど、2つ目の信号、
  佐田病院入り口の「渡辺通西」交差点、すぐのビル。  

   *1階のテナントに2015年10月4日(日)より、カフェがオープンしました。
     お店の名は、MASTARS CAFE/マスターズカフェ

                        
3.九州自動車道福岡インターまたは太宰府インターから、
  福岡都市高速に乗り継ぎ、天神北ランプ出口
  よりそのまま南へ直進、渡辺通1丁目交差点を西(右)に曲がってすぐ。
  近隣に有料駐車場多数有り。

   *通常、天神北ランプ出口より約8分です。
    ただし、天神付近渋滞の際は30分以上かかりますので、ご注意下さい。

 

  →その他、ご来社時の注意事項

ご来社時の注意事項

 

勉強会にご参加の際・ご来社の際、下記の点にご注意願います。
(特に、平日夜間・土日曜日開催の勉強会

 

1.当社のあるSASAビルは、夜の8時を過ぎると
  表玄関が自動的に閉まります(朝の7時まで)。
  ビルの中から外には出ることは出来ますが、
  外から中には防犯上、入ることが出来ません。

 

2.SASAビル自体は、完全全館禁煙です。
  廊下、非常階段、トイレでも喫煙はご遠慮願います。

 

3.併設する駐車場は月極契約です。
  当社で契約してませんので、近隣の有料駐車場をご利用願います。

 

4.土曜日・日曜&休日は、当社事務系が休みです。
  何かございましたら、緊急連絡先までご連絡下さい。
   伊佐康和の携帯電話:090−2518−4980)

  外出面談中・勉強会中の場合は電話に出れません。
  留守番電話に伝言を残していただきますよう、
  よろしくお願い申し上げます。

 

5.ネットワークビジネス系、マルチレベルマーケティング(MLM)系、
  リファーラルマーケティング系の方は、お断り申し上げます。