最近の参加者から(全て敬称略)/参加者の日記より・その1

 経営だけでなく医療にも通じることも多く、例えば勉強の仕方について、時間は有限であるため、原理原則どおりにやって人よりちょっと時間をかける→実績がうまれる→自信ができる→やる気につながるということをインストラクターの伊佐さんに教えていただきました。私たち医療者として、学ぶべきことをこのようにして身につけてもいいし、また、落ち込みがちな患者さんとこのようにすれば一緒に前に進んでいけるかもしれません。  (勤務中の女医より)↓

 CIMG2387.JPGCIMG1793.JPG

 

 

 

 


 

↑今まで本を読んで自分なりに色々とやっているつもりではいても、こうやってしっかりとした話を聞くと、やってないこと、やれてないこと、やらなければいけないこと、が山ほどあることに気づかされました。経営は科学であるということを再認識です。(旅行会社の経営者より)

===================================

 今から2年前に「すごい社長(フォレスト出版)」という本を読んで、初めてランチェスター法則を知りました。それから、浜松や福岡へ勉強会や講演会に参加したりして、社長の仕事の重大さに気づき、今までの自分が恥ずかしくなりました。今でも修行中ですが、日々成長していけたらと思います。今日もお客様に感謝 従業員に感謝 家族に感謝。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 私が勉強している竹田ランチェスター弱者の戦略では、従業員10人〜30人までの中小企業での業績の98%が社長の実力で決まると教えられました。私のような超零細企業では100%社長の実力で決まってしまいます!そう教えられましたが、総ての事に目を向けるには時間的な制限があります。

 今は戦略をしっかり勉強して効率のよい仕組みをつくることに集中しています。しっかりした仕組みができれば社員も仕事がやりやすくなると思います。(本当に難しい)栢野さんの教えの 夢×戦略×感謝も、しっかり勉強していきます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 私は飽きっぽく何をやっても長続きしませんでした。勉強をしようとしても続かないし、本を読んでも途中で飽きてしまう、何をやっても続きませんでした。

 今から3年前にランチェスターに出会い、私も勉強の重要性に気づきどうしたら続けることができるか考えました。そして、考え付いたのが1つのテーマの勉強を三日続けてやめる、また違うテーマで三日とやってみるとなんと1ヶ月勉強を続けていました( ̄□ ̄;)自分でも驚きです。今では勉強する習慣がついて資格勉強もしています。三日坊主でいいと思うとプレッシャーもなく私には効果がありました。前向きな三日坊主になりましょう・・・

   (メタボ社長・キャバクラ塾長より)

 CIMG3013.JPGCIMG4942.JPG

 

 

 

 

 

 

こちらの後記もご参考下さい。 

最近の参加者から/参加者の日記より・その2

 先週の土曜日は、久しぶりにランチェスター経営に
お邪魔した。
ランチェスター経営さんは、本やCD,DVDなどの教材や、
いろんなセミナーを開催する経営コンサルトの会社だ。
セミナーの後に開催された懇親会に参加し、
いろんな方とお話が出来た。

 セミナー講師でもある竹田社長、カヤノさんと。
プロの話は月並みな表現だが、
精神的&考え方の面で太陽に触れた如く、
とてもプラスになった。
伊佐さん、参加の機会を与えていただきありがとうございます。

 「経営コンサルタント」というと不安を感じる方が
いるかもしれないけど、ランチェスター経営さんは
良心経営&良心的な価格で零細企業には心よりオススメ。
独立を考えている方、僕の様に2代目の方、
お勉強には最適ですよ。

             (食材の宅配業2代目より)

========================

 こんにちは。
開業準備者の私にとって、尊敬すべき経営者の方々がいます。
みなさん福岡のランチェスター経営(株)の勉強会が
もとで御縁を得た方々です。
 そのランチェスター経営(株)で独立・起業の
インストラクターをしておられる伊佐様。
親しみやすいけど、経営の勉強については厳しいお方です。
いつもブログ・メールでご指導いただいてます。
私はこちらで初めて経営の勉強会に参加しました。
まだまだひよっ子です。
 その勉強会が縁で、8名の方々と巡り会いました。
私にとってはみなさん、実際に経営に携わっておられる
大先輩です。早く追いつかなければ...
みなさま、お知り合いになれて光栄です。
感謝いたします。今後もよろしくお願いいたします。

         (その後、開業された行政書士より)

========================

 勉強会を受講して本で復習。
何か調子の悪い時は改めて原点に戻る。
調子の悪い理由は探さないが、基本のスタンスの確認をする。
 「小さな会社・儲けのルール
戦略はいつの時代も同じ。そうそう。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 昨日、福岡市にありますランチェスター経営の勉強会に行ってきました。

ランチェスターの戦略とは?
詳しくは、これ読んでください。書くと長いし。
 基本に戻り、再度社長業を勉強していこう。

最近は「高成長」ばかりを求め、足もとが覚束なかったかも。
成長はするけど、「リスク」を極力少なくしていこう。
本当に今日の教訓でした。
 これからも通います。有難うございました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 昨日、日曜日ではあるがランチェスター経営株式会社にて
若手起業家研修会を受けてきた。
独立して3年。ほとんど独学でいろいろ学んできた。
ここ最近は「力試し」というか外部に討ってでてる。
まあ玉砕の時もあれば、勉強したことが通じることもある。
 たった3年だけど、大事だと思った事は、
「学習」→「実行」→「検証」が大事だなと言うこと。
営業は「仮説」→「実行」→「検証」が大事。

全てにおいてPDCAサイクルを回すこと。
         (元・お笑い芸人の社長より)
========================
 今日はランチェスター経営の勉強会で配られた
新聞記事で、いい言葉を目にしました。

「経営者の夢は経営方針だけでなく、
 実際の日々の言動や一挙手一投足から、
 社員は敏感に感じとる。
 それに共感して人生をかける人材が
 どれだけ集まるかが、企業の命運を決する」

 経営の責任者として、言動とこころの持つべき
場所に責任を感じます。
中小企業の99%は、社長の実力で経営状態は決まります。
「人より3倍仕事をして4倍勉強する」
・・今年の自分への目標なのですが、すこしでも大きく、
そして前に成長していき、いい人たちがあつまる
(いいひとの定義はまた、今度。)
企業に育っていきたいと思います。
 また、同時に起業から事業を創り上げるプロセスは、
人のつながりのピラミッドのようにも思います。
それは、部下や同僚だけではなく、
サポートしてくれる諸先輩方、地域の方など・・。
いいプロセスがあっての結果です。
 誠実な結果と、可能性を見いだせる魅力ある
企業・チームでありたい思います

     (独立間もないインストラクターより)

========================
  みなさん、こんにちは!
今日の長崎はどんよりでしたが、やっと雨があがったみたいですね。
昨日、こちらでランチェスター経営のセミナーが開催されました。
 講師の伊佐さんです!
すてきな笑顔ですね〜。
それに対して、ホワイトボードいっぱいに書かれた
文字。すごいです^^;
 私も参加しましたが、
ランチェスター経営って、勉強されている方が多いんですね。
私以外は、みなさん長く勉強されている方ばかりでした。
成果のほどは、後々現れるかな。。  

     (ファシリテーターを目指すOLより)
========================

 ランチェスター経営(株)殴り込み。
ということで只今福岡に。
日付としては昨日、今日の2日間、『独立・起業セミナー』。
 感想。
『いやぁ、まぁ、やっちまったネ』(苦笑)
『こりゃまた凄いとこに足踏入れちまったネ』(苦笑)
って感じ。
こりゃ来て正解だったな。うん。
 ただ、この勉強会で気になることが2つ。
伊佐さん、『22歳には見えない』ってそれ、どういうことですかい?
私、老けてる?(苦笑)
そしてもう1つ。確かにためになる勉強会ではあるんだが…
 私はどこにいこうとしておるのだ?(苦笑)

        (学習塾の先生より)

========================

 ランチェスター戦略を勉強するためランチェスター経営(株)が

開催する『独立起業★若手社長塾』へ参加。
勉強会自体は7/21,22の2日連続開催だったんだけど
7月21日(土)のみ参加する予定で福岡へ。
(・・・が思わぬ展開に)

 インストラクターの伊佐氏や竹田先生に直接指導して頂く。
小さな会社・儲けのルール―ランチェスター経営7つの成功戦略
の栢野 克己氏にも会う事ができた。
勉強会後に近くの居酒屋で懇親会。
竹田先生はもちろん、栢野先生や先輩経営者から

色々と有益なアドバイス、ご指導を頂いた。
(いつ頃、帰ろうか・・・)
と新幹線の時間を気にしていたら竹田先生が一言。
『せっかくだから今日は泊まっていきなさい。
 ホテル代は会社で負担するから。』

(・・・まじ???)
そりゃ、もっと話を聞きたいし、できる事なら
2日連続で勉強会に参加したいけどそんな事をして頂いていいのか?
・・・と迷う。
私:『物凄く嬉しいんですけど、本当にいいんですか?』
竹田先生:『もちろん、もちろん。今予約するから。』
最初は冗談かと思ったけど、本当に近くのホテルへ電話、サクっと部屋を予約。
時間を気にせず話ができるようになり、色々と話を聞いたり話したり・・・。
教材では結構きつい厳しい言葉で経営戦略を説明・解説しているから、
ビシバシ怒られるのかと思っていたけど、
「若いうちに色々経験するとあとできっと役に立つ。
 君なら大丈夫。頑張って」と嬉しい一言も。
本当に気さくで魅力的な方でした。  

     (ネット通販から最近転進のコーチより)

========================

  3/24(土)に福岡(薬院駅)にある
ランチェスター経営のセミナーに参加。
セミナー開始時間は13:00、旅割で取れたチケットは、
8:25羽田発-10:30福岡着、そのため当日は5:30起床
(前日、送別会で1:00まで痛飲したので起きるのが辛かった)

 飛行機の中で睡眠を補充しようと試みるも、
こんなときに限って寝れなかったりする。
定刻より10分早く10:20に福岡に着くが、時間を潰すのに苦労する。
仕方なく早い昼食とお茶をして過ごす。
 福岡空港から地下鉄で薬院まで移動、天神で乗り換えるが、
西鉄と地下鉄を間違える(笑)。
しかも地下鉄までは10分以上歩かなければいけない。
知らない土地だけにやたら遠く感じる。
焦って急いだ割には開始時間の30分以上も前に会場に着く、
しかし遅刻者が居て開始は10分遅れる。
 睡眠不足のツケは、セミナー中に睡魔となって現れる。
折角、東京から高い交通費をかけて来たのだから、
寝たらもったいないと思っても、睡魔には理屈じゃ勝てない。
少しだけうとうとする。
 この日、セミナー後に北九州にいる妹のところへ行く予定で、
あらかじめ新幹線(16:52)のチケットを買っていた。
その話は講師の方には話していたのだが、
「16:30に会場を出れば間に合う」
と言われ、16:30までセミナーは続く。
 セミナー終了後、ビルを出てすぐにタクシーを
つかまえ博多駅まで向かうが、
雨と夕方の渋滞でなかなか流れない。
時間は刻々と進んでいる。
運転手に「間に合いますか」と聞いても、
「どうでしょうね」という気のない返事、
やっと博多駅が見えてきたところで完全に足止め状態になり、
その場で下ろして貰って、おつりを受け取る余裕もなく
(本当はあまり態度が良くない運転手だけに、
おつりは挙げたくなかったが)、
猛ダッシュ、新幹線の改札までは遠い、走りながら、
なぜもっと早くセミナーを終わらせてくれなかったのか
と少し腹立たしい気分になる(笑)。
ホームに着いたときは、出発2分前、安堵感と達成感に包まれるも、
今年で40歳を向える体には、ストレッチなしでのダッシュと
極度の緊張と弛緩は、体に毒だ。
 新幹線の中でしばらく息が上がった状態だった。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 5/26に2度目の「ランチェスター経営の研修」のため福岡へ。
先月は十数名の参加者だったらしいが、
今回は私含め2人という寂しい人数。
あまりにも少ないとモチベーション下がるなと思っていたが、
そうでもなかった。もう一人参加者は、26歳で博多で
和食居酒屋を経営していると言う。
今年の2月オープン以来、一日も休まず、
 ランチェスターの研修も仕事の合間に参加していると聞き感心する。
研修には先輩社長も参加され、貴重なお話をいただく。
この話を聞けただけでも大きな収穫だった。
 研修一日目の終了後は懇親会を行っているが、
どうせなら参加者の経営している居酒屋に行こうということになり、
急遽お店を変更。
店に着くと先ほど研修に参加していた店主は、
お店を切り盛りしていた。
研修時とは打って変わって、目の輝きや表情が
まるで別人のようだった。
「接客が好きで、和食が好きで、この商売を始めました」
と研修の時に、朴訥に語っていた彼の言葉が、裏づけされていた。
評価としては、接客よし、料理よし
(特に煮物の味付けは、濃すぎず薄すぎず丁度良い)、
ただ気になったのが、店内の壁の色が黒で照明が少し暗いところ、
個人的には壁も照明も明るい方が良いと感じた。
その方が集客できる気がする。
 皆さんも博多に行った際は、このお店に行ってみてください。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 3度目の『ランチェスター経営セミナー』を受講しに
9/22〜24、福岡へ。
3連休ということもあり、飛行機は往復旅割とはいかず、
往きは正規の価格だった。やはり正規価格は厳しい。
 ランチェスター経営セミナーは2日のスケジュールだが、
これまでは長くても初日のみ、今回初めて2日通しで参加する。
私が出席する日は参加者が少ないというジンクスがあるが、
今回はちょっと顔を出した人、懇親会のみ参加した人を含め
8人というそこそこの人数(前回はたったの2人)、
 運良く生きた化石?の竹田先生ともお会いする。
 2日間通しのセミナーは、良い刺激となった。
あとは踏み出すだけかな。
それにしても博多は良い、食べ物は旨いし値段も安い、
あちこちで聞こえる博多弁も心地よい。また年内中に行ってみるかな。
    (コールセンター主任より)
==========================
 起業家がずらり 。
今日は、週末企業家を目指す方のためのセミナーがあっています。
何だか、ランチェスターの法則に沿った経営戦略の指南があっているようです。
しっかり経営戦略を立てて、週末起業を成功させ、大企業へ
となる方がこのなかから出てくる・かもしれません。
 将来が楽しみな企業家のたまごさんたち、頑張ってください!
     (2代目建築士より)
===========================
 毎日、様々な経営に関する本が発売されます。
皆さんは何を基準に選び、読んでいらっしゃいますか?
 私たちが経営のことを真剣に考え始めた時のこと。
とりあえず本でも読まなければならないのは分かりましたが、
何から読み始めれば良いか、分かりませんでした。
 そんな時に巡り会ったのが“ランチェスター戦略”でした。
ランチェスター戦略に関する本を読み、事例を学ぶことで、
自分たちの経営スタイルがだんだん見えてきました。
 まだまだ読まなくてはならない本はたくさんあります。
新刊本をほとんど買わない私たちが通い詰める本屋さんは
“ブックオフ”です。
      (2代目建築士奥様より)

以前の参加者から/参加者の日記より・その1

ランチェスター経営にて勉強会をおこなった。
伊佐さんを含め4人でビデオを見て、意見交換。
いろいろな意見がでて、脳が活性化した。
 わかりやすいがキーワード、お客さんにも分かりやすい、
従業員にもわかりやすい、値段もシステムも分かりやすい
と言うことは、システム化できているという事。
簡単と言う事。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 今回も4人参加、伊佐さんから丁寧に説明頂き、
全員でいろんな感想を出し合う。
あの場ではアイデアが浮かびやすいようだ。
あとはどう実行に移すか。
 先月より時間戦略で、7時前に会社に出勤。
たしかに2仕事ができている

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 陶山訥庵(すやま・とつあん)の戦略を研究。
300年前にあんなことを実施できた人がいたとはすごい。
かれの頭には、完成後のイメージが信念として見えていたのだろう。
のべ140kmにもなるくい打ちをはじめとするプロジェクト。
 戦略が明確で良い物であれば、あとは素人でも効果絶大とはすごい。

 勉強と決意表明の儀式として、その墓参り勉強ツアーを
例年実施されているとはさすが竹田先生、
決意するには儀式が必要なんですね。
 富士山登頂も・・・

 初対面の人も多かったですが、楽しい気分で、商品・顧客戦略をも
ディスカッションできた。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 今日はランチェスター経営で顧客戦略の勉強会
名刺の作り方、封筒の利用法、電話、FAX、はがき・・・・・
奥が深いですね。
戦術も豊富な内容でした。
 ランチュスター勉強会でいつも思うことは、ビデオを見て、
説明を聞いたり、意見交換しているときに、
いろんなアイデアがポンとでてくる。これがいい。
 また、その時々に、講師の伊佐さんが紹介してくれる、
新聞の切抜きや、本の紹介、これがタイムリーでいい資料です。 
 たとえば日経新聞の三越お得意様営業部部長 川村雄太郎さんの
連載紹介記事、はがきも自筆で書く、似合わない物は売らない。
断る。具体的な事例をたくさん知ることは非常に大切です。

 そして四国管材ビデオを見た。
すごい、ここまで徹底してやるのか
 ・クレームを宝に山にする。苦情があれば、即対応。
 ・クレームをラッキコールと呼ぶ
 ・子どもに自慢できる仕事をとの社長の目標による経営

 社長がいなくても社長と同じ判断ができるように考え方の
ベクトル合せの出来ているメンバーでのクレーム発生時の判断など、
社長の考えでここまでできるんだ。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ランチェスター経営で、藤井健太郎社長の話しを聞いた。
いまその業界では知る人ぞ知るデータ復旧センターの社長

(当時の社名はパソコンレスキュー、年齢は27歳)

 なぜ、これだけ急成長しているかの理由有り。
やるべきことをきちんとやっている。
ライバル会社の調査もしっかりやっている。
自社の弱みと強みもチェック しかも社員に毎月書き出してもらっているとか。
社員が,がんばる仕組みを作っている。
 次に戦略で、携帯電話のデータ復旧へも進出
アメリカに行くにも、県庁に行って相談、協力者が現れ、業務提携実現
18歳から商店街でチラシやポスターの注文を取る仕事を始め、
10年で今の状況、でも7年間は、努力の毎日、24時間営業。
 成功曲線通り、他人は、成功したところしか見ないし、見えない。
目標に向ってがんばろう。

 良い人との出会い。共通するのは求める姿勢、受け入れる姿勢。
感謝です。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 

  竹田先生のお盆休みセミナー参加  
ランチェスター経営の竹田先生がお盆休みを利用して、
独立・起業成功戦略セミナーを実施されました。
生・竹田先生と接近戦をする絶好の機会、すばらしいセミナーでした。
 4日中 3日間参加しました。10数名から20名近くの参加、
お盆休み期間にもかかわらず皆さん熱心に参加されていました。
 20代の参加者も多く、志の高さに敬意を表します。
 5月からランチェスターセミナーに参加しているが、
少しづつであるがわかるような気がしてきた。
分かることと実践できることは別だが、
出きることをひとつづつ実行、止めるべきことを実施。
 閾値(いきち)を越えるよう集中的に学習が必要!  
閾値=伊佐さんに教えてもらったが、ある一定の努力や活動を
起こさないとあるレベルに到達しない。
それを到達するとその後は、時間をおいてもレベルが低下しない
それを閾値というらしい。
たとえば ゴルフや囲碁でも、集中的にやらないと
いつまでたっても上手にならないのと同じ。
お客さんとの付き合いもそうですね。
 竹田先生のセミナーにかける意気込みは凄い。
参加者の理解と記憶に残すために、巻き寿司を準備されるとは・・・
(参加者しかわからないのが残念です)
 あと 蚊取り線香も・・・・
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ランチェスター経営にて、今年最後の勉強会
伊佐インストラクターの講義にて1時より8時まで7時間のロングラン勉強会、
一年の反省と来年に向けての準備に最適の勉強会でした。
 な・な・・なんと?!竹田社長が、経営計画書の作成について
90分熱く語っていただきました。
受講生は3人、なんと豪華な講義でしょうか。
 ご自分の経験による中身の濃い講義でした。
筒を利用した実験は、アイデアマンの竹田社長ならでのパフォーマンスでした。
絶対忘れない内容です。
凡人でも、アンテナがたっていたら、長年勉強したら成長すると言うお話、
凡人としては勇気つけられました。

 クリーニング サワさんのDO ITビデオも見ました。
顧客満足に終りは無し。

終了後、参加者にて 忘年会。
今年は素晴らしい年でした。ありがとう!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 久しぶりに、ランチェスター経営の勉強会へ。
2日目のライティング講師の25歳の竹内さん
いろんな質問をしても、的確な返事、素晴らしい。
25歳の若さで・・・
何でも、大学(しかも九大!)入学時から、
独立することを考えてきたとの事、
経営者として既に7年目のベテランです。
 若い人に負けないようにがんばろうと思いました。

              (当時、生産財メーカー営業マンより)

→続きを読む

以前の参加者から/参加者の日記より・その2

 今日はランチェスター講習会に行ってきた。
前回のお盆の講習会のときは実践編の部分の参加で、
自分の店について当てはめて考えることができたが、
今回は理論の部分。なかなか難しい。
この理論を私なりに理解するにはどれくらいの時間が必要か....
 前回、うちの旦那は講習を受けているものの
旦那もわかっているのだろうか.....
私たちは情熱型ではないので地道に勉強して素直に
やっていくしか道はないのかもしれない。
それと一次情報の大切さ。とくと身にしみました。
昼間の人の流れは観察していたのだが、
夕方、退社時間の人の流れ、来週がんばって観察しようと思う。
思ったことは実行あるのみ!!
        (開業間もない居酒屋ママより)
=============================
 本日は自分の中で今年最後の締めくくりにランチェスター経営の
「弱者の戦略」を総ざらいしたかったので、勉強会に出席。
伊佐さん、いつもありがとうございます。
ワタシ含めて8人の出席者がおり、遠くは岐阜からの参加の方もいました。
スゴイですね!
 いままでは、スキマ時間を見つけての勉強だったので、
平日の夜に講師の伊佐さんとマンツーマンなんてこともあり
(ワタシの時間に合わせてくれた伊佐さんにいつも感謝です)、
それはそれで贅沢だったが、今回のように休日に参加すると、
異業種の方の「商品」「地域」「客層」などを
自分と比較対照しながらの学習できるので新たな発見がある。
参加者の皆様との交流もありたいへん有意義な年末の時間になった。
「商品」「地域」「客層」「営業」「顧客」「組織」「財務」「時間」
という経営の基本8大要因は何度も繰り返しやって
自分の体に染み込ませておくようにしたほうがよい。
時間がたつと忘れることも多いのが人間である。
 ワタシが福岡でビジネスをやっていて良かった!と感じる
ことのひとつにこの「ランチェスター経営」との出会いがある。
ソフト(勉強会・ビデオや本などの教材)はもちろん素晴らしいが、
なにより身近に通えるハード
(いわゆる勉強できる場/空間=ランチェスター経営の本社内にある教室)
が歩いていける距離に存在するということ。
ビジネスマンが定期的に、または自由に出入りできる「私塾」
のようなものを欲していた自分にとってこの場所は
まさにソレになりえるのだ。
福岡にいる社会人は一度は行ってみることをオススメしたい。
ホントに気軽に行ける。自分の都合の良いときに行けばよいのだ。
 出会いもたくさんある。
出会いは必然。
ここから更なる進化ができるようにワタシも皆さんを見習って頑張ろう。
 2次会にはラッキーなことに竹田先生と栢野さんも合流し、
楽しくて勉強になる少人数のものすごく贅沢な忘年会になった。
たまたま栢野さんがお隣で、竹田先生が正面だったこともあって、
深い話もたくさんできた。
 栢野さんは酒を飲みながらも、ピンと来たことや大事なことを
その場で手帳にさくさくとメモ。
またたくまにたくさんの文字が並ぶ。
「なるほど、これが彼の活動を支えているのだなぁ」
とひどく感心した出来事だった。
        (当時、イベント会社の営業マンより)
===========================
 先日の九州ベンチャー大学でお名刺交換を頂いた

伊佐様からのご案内でランチェスター経営のセミナーに
夫と二人で参加させて頂きました。
 初参加だったのですが、目から鱗が何枚も落ちたような
驚きがありました。頑張ってる他業種の方もすごい!
目から鱗ははがれ落ちましたが、ノウミソにこびり付いた
鱗を落とすにはワタシはまだまだ時間がかかりそうです。
 竹田先生も途中からふらりと来られてラッキーな事に
アドバイスを頂きました。
色々な事に造詣が深くていらっしゃって驚きです。
 開業してから営業といった営業をせずして何とか
やって来ましたが、ここ数年取引先が倒産したり、
廃業したりして段々先細りになって苦しくなってきました。
マジメに仕事してただけではダメなのですね。
 夫は職人気質の人で50%の予算の仕事でも、
80〜100%の仕事をしてしまう人。
ここ2、3年ワタシは異業種交流会等に参加したりしてましたが、
九州男児&職人気質の夫はなかなか行きたがらない。
最近ようやく表に出て人と会って人との繋がりを再認識した様です。
 一旦表に出れば夫の方が実力も営業も上なので、
ワタシはムチをふるって
(-_-)/~~~~ピシー
夫を働かせるのが役目(笑)
  今の所、牛追いだけど、そのうち猛獣使いになりたいぞ…
長時間、ご講義頂いた伊佐様ありがとうございました。
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 午前は仕事して、午後1時からはランチェスター経営の勉強会に行った。
以前受けた分の再受講。
メンバーは、またまた多業種の方々。
講師の伊佐さんのお話しを聞いて、竹田先生のビデオを見て
メンバーの人の話しを聞いたり、自分が発表することで
少しずつ頭の整理が出来るような気がする。
・・・でもまだまだ。
なかなか、コレといった物がみつけられない。
 最後の方で竹田先生が来られて、自分の性格と過去の経験と
お客の要求があり、競争相手がいないような「商品」を
見つけられると非常にうまくいきます。
と言われた。
でもその商品を見つけるのは普通の人で7年はかかりますよ。
との事。
うちにとっての商品はなんだろうか?
メンバーの1人が自分の商品は「自分」です。 
と言われていた。
ん〜そういうのってカッコイイよねえ。
 それにしても竹田先生のキャラクターはとても素敵。
小さな会社儲けのルール、の本にも書いてあったと思うが
「お客のお金に手が触れた時に粗利がポンと発生する。
 このときに音がしたりパッと光がでたりすると
 分かりやすいのですが、普通それは 忘れがちである…」
というようなクダリを竹田先生の物まねで言うのが
うちのプチブームである。
いやいや、物まねはどうでもいいのだが、
どんな商売会社も粗利益で生きてるのを忘れてはいけない。
小さな利益も有り難い事だ。
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 勉強会が終わってからの懇親会では、
幸せにも尊敬する竹田先生の隣に座らせて頂き
(狙ったのだけど)
いくつかお聞きしたかった質問をした。
ビールが進むにつれてお箸でお皿をカ〜ンと叩き
身振り手振りでお話しされて、私の横に座ってた夫に
「とうちゃん頑張ってよ!」
と何度も励まして下さった。
いろいろアドバイスをされるうちに、
感激屋のワタシは涙が出てしまった。
 本当に竹田先生と出会えて幸せだと思う。
竹田先生の愛すべきキャラクターの事を書くと、
インストラクターの伊佐さんからはまた
「逃げを作ってる、本気ではない」
とお叱りを受けそうなのだけど(笑)
竹田先生の魅力はご自分の経験を元に苦労の底で培われた実績と
あのお人柄にあるのだと思う。
「Aが成しえた事はBも成し得る、
 Bが成し得た事はCも成し得る」
竹田先生に頂いた言葉だ。
仕事をするワタシがいて、家事をするワタシがいて、
母親であるワタシがいて、妻であるワタシもいて、
子どもであるワタシもいて、色々な人に出会ったり、
失敗したり、成功したり。
全ての事は、全てワタシの血となり肉となる。
たとえ回り道した事も人生には無駄がないのだと思う。
夫と夫婦になれてよかった、そう思った一日だった。
 皆様ありがとうございました。
             (デザイナー奥様より)

→続きを読む

以前の参加者から/参加者の日記より・その3

 今日はいよいよ、ランチェスター経営の
「独立起業★若手社長塾」勉強会の第一日目。
どういう面子が集まっているのだろう?
興味津々、意気揚々で会場に乗り込む。
予定時刻5分前
「誰もいないぞ、?」
「みんな、18時10分という時間だから少々遅れてくるのかな?」
右に事務所らしきもの発見。
ドアをノック「コンコン」と同時に講師の伊佐さんの登場、
促されて会場へ向かう。
「今日はお一人です」
「へっ?!」
ちょっと拍子抜けしたが、マンツーマンで受けること
なんてそうそう無さそうだから、光栄なのでは?
 授業の内容は、基本的なことなのだろうが、
あらためてロジカルなお話を系統立てて聞くと、
フムフム、なるほど
これまでは、なんとなくは理解しており、
決して間違ってはいないことでも「納得」「理解」できた。
 現在、事業計画書を作成中なので、今回のロジカルな話は
とても参考になるな〜。
そう思いながら、満足の一日でした。
 よし!次回までには
 1・オリジナル名刺の修正

 2・事業計画書の作成
 頑張るぞ!

   (独立間もないインテリアデザイナーより)
==========================
 ランチェスター経営の起業塾に久しぶりに参加。 
目的は、再確認。
初日の今日は、原則編。
そうかそうか、そうだったのかと思い出したり、
ピンときたり。
 企業家を目指す大学生など いろんなジャンルの方との
意見交換も参考になりました。
 竹田社長のミニ講演会もあり、いつもながらわかりやすい。
本当、得しましたね。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 日曜の午前中、ランチェスター独立企業塾に参加。
「商品戦略」を復習。
 1.これまでにない商品を考える
 2.強い競争相手がいない商品、サービス
 3.何々専用の商品、特殊用途の商品
 4.シンデレラ商品
 5.大量生産しにくい商品、手作り的な商品
 6.保存が難しい商品
 7.人の能力が中心になるもの
 8.人があまり手を出さない商品
 9.革新が加えられているか
  鶏口となるも牛後となることなかれ
聞くたびに、新しい気づきがありますね。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 ランチェスター経営の勉強会、その中で、
ミニ講座1時間を行ないました。
昔、受講したデールカーネギーコースで得たもの
についてがテーマでした。
 アウトプットするには、インプットが必要です。

1時間のお話に、20時間は準備に使いました。
非常に勉強になりました。
参加頂いた皆さん、ありがとうございます。
 話しをした私が得たもののひとつ・・・・・・
笑顔です。笑顔って、いいですね。
 ニューヨークのあるデパートが、繁忙を極める
クリスマス・セールスの期間中に、次のような
素朴な哲学を広告にのせていた。
 クリスマスの笑顔
元手が要らない。しかも利益は莫大
与えても減らず、与えられた者は豊かになる。
一瞬見せれば、その記憶は永久に続く。
どんな金持ちもこれなしでは暮らせない。
どんな貧乏人でもこれによって豊かになる。
家庭に幸福を、商売に善意をもたらす。
友情の合言葉。
疲れた者にとっては休養、
失意の人にとっては光明、
悲しむ者にとっては太陽、
悩める者にとっては自然の解毒剤となる。
買うことも、強要することも、借りることも、盗むこともできない。
無償で与えて初めて値打ちが出る。
クリスマス・セールで疲れきった店員のうちに、
これをお見せしない者がございました節は、
恐れ入りますが、お客様の分をお見せ願いたいと存じます。
笑顔を使い切った人間ほど、笑顔を必要とするものはございません。
     (当時、生産財メーカー営業リーダーより)
============================
 2日間連続で行われる勉強会に参加。
遠くは東京より来られた女性もいて、
参加者のモチベーションも高い。
 以前他のセミナーでご一緒した方とも再会。
こういうご縁はとても嬉しい。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 勉強会二日目。
自分の商品の強みなどを各自で発表。
自分自身の考えを整理する上でとても必要なこと。
 それぞれの話を共有しようという意識の高さを感じる。
マイナス要因ではなく、プラスの方向に話が進むので、ストレスがない。
 この心地よさ、感覚をGWの前半に得ることができたことは
とても嬉しいこと。
 有り難うございました。
           (建築工房の奥様より)
==========================
ランチェスター経営の独立企業塾を受講。
自分にできるか?葛藤!
絶対できる!やってやる!
だが、いったい何をすれば・・・。
少し、やりたいこと、したいことが見えてきたような。
ビデオだけでなく、直々に竹田先生から
じっくり商品(サービス)を探すように諭される。
暴発はイカン。
空中分解!
 打ち上げ!
二日間の勉強終了!
 でも、人生日々勉強、研究。
竹田ランチェスタ−奥が深い。
鞄持ちから修行しなくては・・・。
伊佐さんに感謝!本当に感謝。
皆さんとのご縁に感謝!
今後とも宜しくお願いします。
是非またお会いしたいです。博多に引っ越すか?!
 次の日の早朝は、インタークロス栢野先生
「やる気会」によらさせていただく。
「きっと失敗するよ!」の厳しい一言!
でも勉強だから、と。
ありがたいお言葉。
一緒だった皆様、本当にありがとうございます。
どこの馬の骨ともわからない私に温かいお言葉と、
たくさんのヒントを!
御縁を大切に、勉強させていただきます。
 本当にありがとうございました
      (当時、旅行代理店の総務係より)
========================

 先日、ランチェスター経営の会議室で若手起業家の学習会
があったので、それに参加してきました。
 やっぱ、いろいろ勉強しなければいけないことがありますな〜。
まぁ、まずは商品戦略、営業戦略を練り直す必要がありそうだな、と。
特に来春からスタートしたい塾は、業界全体が「飽和期」を
迎えている上に、明らかに『地域1番』の大手塾、
それを追撃するFCがたくさんありますから、
どこまで商品力を高め、どこまで客層を絞り込めるか
ということが重要になるんでしょう。
 パソコン教室、塾の廃業が非常に多いらしいですが、
そりゃそうだよな〜、とあらためて思いました。 
 こういう学習会にきちんと参加して、準備をしてから
起業すれば、そういうリスクは回避できるんでしょうけど、
みんなフランチャイジーの甘い言葉にだまされるんでしょうね。
 薦められた2冊の本:小さな会社儲けのルール社長のルール
は学習会の時に購入しました。
1冊は月曜日に、もう1冊は今日読みました。
どちらも2日間の学習会で学んだ内容だったので、
さらりさらりと読みました。
1冊につき40分。
この本の事例は丁寧に読みました。
やっぱ、成功している人はすごいことを、しっかりやってるな〜
って感じです。
 よし、またがんばるぞ〜!
  (当時、パソコン教室へも手を出そうとしていた速読家

 

top.gif

→続きを読む

以前の参加者から/参加者の日記より・その4

 昨日の勉強会でものすごくためになったことがあった。
「神さんでも努力しているんですよ、
 みなさんは努力していますか?」というもの。
防府天満宮の営業手法をみせてもらったのだけど、
人の心をつかむのがうまいなあと思ったのだ。
 これは、私も活用させてもらおうと思っている。
具現化をはやく!だな。 
 また、時間戦略の項目があった。
良い仕事をしている人は本当に良く働いている。
質を高めるにもたくさんの時間が必要なのだから、
まずは、時間の75%は営業に使い、
スケジュール管理など社内業務は25%程度でとどめ・・・
とある。
この部分、私はやってこなかったと思う。
営業のために企画をしたととれば、戦略通りかもしれないが。
 それから、移動時間が営業できるか?も勉強会の中にあった。
ここはオフィスに通い出した私の今の課題。
もうすぐ事業を起こして丸7年。
振り帰れば課題は次々に出てきている。
それなりにこなしているのも事実で、
まあ、これもおもしろいなあと思っって,楽しんでいる
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 久しぶりにランチェスター経営の勉強会へ参加。
これから柱になる商品を見つけようとする方もいれば、
商品があってネット販売か直接販売かに悩む方もいれば、
中国市場を狙って起業されたる方、
お店のリフォーム間近で勉強にこられている方などいろいろ。
自己紹介を聞いてても、とても参考になる。
 私自身も自分だけでなく、協力者の役にたつ部分は?
と今までとちょっと違った視点で見てみたり、1歩前進もした。
 帰りに素敵な絵葉書の一覧表をもらった。
私の字で文字が書けるのか?とか、
私のイメージの花のカードはどれ?
って聞いたら、それが違うんだな〜〜〜ってことらしい。
どうせ出すなら、私をイメージしてくれるものが良いなあと
計算が働くのだけど、違うのだそう。
もらった相手が喜びそうなものがいいとアドバイス。
なるほどでなんだ。
               (女性FPより)

========================

 本日は待望のランチェスター勉強会初参加の日!
家族サービスを声高に叫ぶ女房子供を蹴散らして
福岡に向かう。
 博多駅からバスは良く分からないので、
タクシーでランチェスター事務所に。
 担当インストラクター伊佐さんは予想していたより若い。
明朗快活なお人柄で、一安心する。
奇遇なことに、出身地が私と一緒、
もしかしたら近所ですれ違っていたかも知れん。
他に受講者は2人、頑張りましょう。
 ビデオと解説を挿み、実例の記事コピーを見ながら講義が進む。
すでにテープで学習しているとは言え、真の学習は反復に有り。
聞く、読む、参加する、話すなど色々な角度で理解を深めるべきである。
それにこうして費用と時間をかけて参加すると、
意地でもモノにするのだと、いう自分への動機付け、尻叩きにもなる。
 途中廊下を竹田先生が通りがかられる、
ランチェスター教祖様登場か?
と期待したが、所用があり帰られたとのこと。
時間にして0.5秒の接近戦・・・残念。
 しかし6時間ほぼ通しの講義は正直キツイ、
最後のほうは頭がボーっとした。
 そう言えば、ランチェスター戦略テープを聴き始めて、
現在2ヶ月と少々。
戦略から戦術、内容は多岐に渡るが、実はこのテープ、、、
説教が 多いのです。
 ボンクラ社長、特に私のようなボンクラ二代目社長には、
もうビシビシと! 来ます。
でもこれが好い。
周りは厳しいこと、誰も言ってくれませんもん。
『お山の大将』→『裸の王様』→『バタ貧社長』
このラインだけはたどりたくないですから。
とにかく、聞くたびに気付きを与えて頂いてます。
ハイ。
           (当時、金融業2代目より)
========================
 本日、ランチェスター勉強会参加。
仕事を終わらせて(本当は終わっていない…)早退して!
激走しながら〜(携帯からご連絡しつつ)約10分の遅刻!
皆様ご迷惑おかけいたしました!
伊佐さん、いつもいつもごめんなさい。
 本日、ご参加の皆様のほとんどが
独立・起業に向けてご準備されている方ばかり。
 今回2回目の受講ですが…ランチェスターは内観と同じ。
回を重ねる毎に、気づきがある。
良くカミカミしないといけない。
 向上心を高める。研究熱心な人と。
決断力を高める。何か思い立ったとき
経費が少しあれば、試す。行動する。
戦わずして勝つ。(逃げるが勝ち)
天才は人の脳を支配する。天才は万人に一人。
凡人は、手紙を出す。手紙と切手は常に持ち歩く!
 今の私は、忙しい。 (本当に忙しいの?)
 バタバタしている。  (なぜバタバタしてるの?)
 バタ貧。  (すごくダメ)
これではいけない!
今夜も眠れそうもありません。
しらないうちに涙が出てきました。
涙もろくてすみません。
最近涙腺がゆるみすぎています。
悲しい涙ではなく、うれし涙です。
 ほんの一ヶ月前までは、時間に追われ自分を見失いかけていました。
でも、今は違います。一刻一刻が充実しています。
幸せです。生かされています。
ありがとうございます。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 ランチェスターの勉強会から帰って即、
今から来年の計画を立てます。
その勉強会で聞いてきた通り、
・実行できない事は、最初から計画しない。
・計画したことは必ず実行する。
・なぜ?常に問う。
これらの事を頭に叩き込んで・・・・・
 みなさん、大きな組織を変えることは難しいとおっしゃいます。
私自身、大きな組織を変えることは難しいと十分に理解しています。
でも・・・大きく変えられないとしても、
もしかしたら、キッカケとなるかもしれない。
100%絶対無理!かどうかはやってみないと解らないと思います。
ゼロ?マイナスをプラスに変える。
出来るかな?
         (当時、家電量販店の総務係より)

======================== 

 時々、福岡市のランチェスターの勉強会に
参加しているのだけど、先日のこと。
「うちの子が持っているマンガに、
 ランチェスターの法則がでてくるんですよ」
と話すと、ぜひなんていうマンガか、
何巻にでてくるのか教えて欲しいと。
旦那に電話して、
番長連合の4巻です」と教えてあげた。
 もちろん私は子どものマンガに興味はなく、
しかし旦那は時々読んでいて、ある時
「そういや、豪の読んどるマンガに、
 ランチェスターの法則がでとったぞ」と。
そのマンガ、番長連合という名のごとく、
族の戦力争いのマンガ。
暴力シーンも当然のごとく、
うわーと目を覆いたくなるのだけど、
こうなったら、ランチェスターを学ぶ私も、
どんなんだか知っておかないと。
うえ〜〜。これがおもしろいのか!?
「戦力はその2乗に比例する」
確かにそうなんだけど。
 あ〜、番長連合・・・
どうせだったら、あんたも勉強しなはれ。
うちの子は、そんなことも知らずに
読み飛ばしていることだろう。
 しか〜し、なんと後日、
その勉強会の主催者の方から、うちの子に
「情報料」として、3000円の図書カードが

送られてきたではないか。
おいおい、そんなおいしい話があっていいのかい。
旦那いわく「そりゃ、おれが言ったから俺のやろ」
確かに。
でも「豪君へ」と書いてある。
一番おいしいのは、我が息子なり〜。
 7巻分買えると大喜びなのであった。

              (スーパー風船先生より)

========================
 先日は、ランチェスター経営鰍フ伊佐さん主催の
勉強会に2時間ほど参加しました。
非常に勉強になりました。
特に勉強になったのが自分のやり方と違う部分です。
 私はランチェスター経営の代理店ですので
使用している教材は同じです。
しかし当然ですが、人それぞれによって
塾の雰囲気や伝え方が違います。
 伊佐さんは新聞のコピーを多用されます。
ある経営者の言葉を捉えて、

「これは強者だから言える言葉、

 弱者はこれを真似してはいけない。
 反対のことをしなければならない。」
上場企業の有名な社長の言葉は正しく聞こえます。
もちろん同じ条件の会社なら正しいのでしょうけど、
自社の立場を考えれば大概は、
正反対のことをしなければなりません。
「同じやり方」であっても立場によって、
正しくもあり、間違いでもあるのです。
 このことを分かりやすく説明されました。
 私は弱者の戦略の良い事例を出していくことに
主眼を置いておりましたが、逆の事例を出して注意を促す
ということが不足しておりました。
今後の社長塾にはこの視点を取り入れていきます。
 伊佐さん、有難うございました!!
             (当社の代理店より)

→続きを読む

こちらの熱血コラムも読み応え有り

営業20年、体重97kg、ベンチプレス190kg、
トライした発明は数しれずの福山克義がつづる
汗と涙と笑いのモノつくり&通販コラム

 

 *こちらも福山様作のフィッシングボートの絵

    ↓

 

 boatani.gif