2012年4月7日(土)−5月19日(土)/「商品戦略」マラソン

*こちら終了しました

 

「ランチェスター・マラソン」 シリーズ/第5弾

 

税理士の方と一緒に学ぶ勉強会「財務戦略」マラソン
社会保険労務士の方と一緒に学ぶ勉強会「組織戦略」マラソン
最強かつ最狂の“破天荒な塾師”と一緒に学ぶ勉強会
「教育☆名人」マラソンに続く第5弾、
商品企画・開発には女性ならではの感性が必要!
アバンダンス(経営者向けカウンセラー)の末若智子氏と学ぶ
「商品戦略」DVDを鑑賞する勉強会を断行!

★「商品戦略」マラソン

「商品(武器)が弱かったら戦いに勝てません」
(この言葉自体があまりに男性的過ぎかも知れないですが)
価値観が多様化する現代、既に男性的な視点だけでは
価値を十分に活かした商品企画・開発には限界があります。
そんな中で女性ならではの感性を発揮されつつも男性よりも
男性らしい行動派で、以前に父親の印刷会社を継承して、
社長として立派に業績回復を果たした戦略手腕を持ち、
今では経営者向けカウンセラーとして実力を備えだされた
自らも起業家である起業塾長・末若智子氏もご一緒して
「商品戦略」DVD・全6巻をきちんと鑑賞していきます。
(Podcast「博多おしゃべり日記」でも情報配信中)
インストラクターの私(伊佐康和)も一緒に勉強します。

hsyab.jpgCIMG3810.JPGCIMG1801.JPG


◆開催日時 毎週土曜日、10:00〜12:00
  「商品戦略」DVD・全6巻を6日間で鑑賞します。


 ・4月 7日(土)、1章 強者の商品戦略  終了   =開催後記

 ・4月14日(土)、2章 弱者の商品戦略  終了   =開催後記

 ・4月21日(土)、3章 商品の寿命曲線  終了   開催後記

 ・4月28日(土)、4章 PPMの戦略     終了   =開催後記

  (5月5日ゴールデンウィーク中はお休みです)

 ・5月12日(土)、5章 新製品開発     終了   開催後記

 ・5月19日(土)、6章 価格対策       終了   =開催後記

   *詳しい内容は↓この案内の最後に掲載してます。

    日によっては会場が当社と別の所となる場合もございます。
    その際は、また事前にお知らせいたします(通常は当社会議室)。


◆対象 ランチェスター経営のユーザーを中心に、経営者・起業家・後継者・役職者。
     社員の方などでも、決定権者以外の方はご遠慮願います。
 
◆参加費  1回毎の料金です。ご参加の際にお支払い願います(税込)。
        別途、テキスト代(下記↓参照)が必要です。
 
    ・当社教材ユーザーの経営者・起業家・後継者・役職者 3,000円/回
    ・ユーザーでない方は、初回 5,000円(2回目以降は、3,000円/回)

 
 CIMG4020.JPG
◆使用テキスト 初回参加時にご購入願います。
          お持ちの方はご持参下さい(貸し出し不可)。

       ・テキスト「商品戦略」表紙は黄色→
        定価:2,000円(税込)です。

 

★お申し込みは、こちら  から

  その他、会場地図・ご来社時の注意事項もご確認下さい。 

 

 

 

◆「商品戦略」詳しい内容(目次)◆

 商品対策の手順shoselimage[1].jpg

1章 強者の商品戦略
 
 1.大衆を相手にした商品
 2.商品の種類を多くする。複合戦
 3.本業に近い業種に進出。総合戦
 4.大資本と多くの人員が必要


2章 弱者の商品戦略

 1.小規模1位主義、部分1位主義
 2.競争目標と攻撃目標の分離
 3.差別化対策
 4.戦わずして勝つ、勝ちやすきに勝つ
 5.勝ちやすきは細分化して発見する
 6.強い物をより強くする
 7.商品の数は少なく、業種の幅は狭くする
 8.軽装備で動きの早さを保つ
 9.弱者は商品の作り方を革新する


3章 商品の寿命曲線

 1.導入期。夜明け商品
 2.成長1期。8時〜9時商品
 3.成長2期。10時〜11時商品
 4.成熟期。11時〜12時商品
 5.飽和期。12時〜2時商品
 6.衰退期。3時〜5時商品
 7.粗利益漸減の法則


4章 PPMの戦略

 良い会社の事例、悪い会社の事例

  1.花形商品
 2.問題児
 3.利益貢献商品。高令の乳牛
 4.負け犬商品。見切り商品


5章 新製品開発

 1.作り3分に売り7分
   ・販売先は同じで、商品も類似
   ・商品は異なるが、販売先は同じ
   ・商品は類似だが、販売先が異なる
   ・商品は異なり、販売先も異なる
 2.新製品開発は弱者の戦略で
 3.必勝ジャンケン法が成功の条件


6章 価格対策(最終章ですが、ここが一番の山場です)

 1.高価格帯の商品
 2.低価格帯の商品
 3.低価格戦略は創造性と決断力が

 

★お申し込みは、こちら  から

  続いての「ランチェスター・マラソン」シリーズ・第6弾は?